ぱりぱりー@オフィシャルブログ

はあちゅうさんの「人生全部コンテンツ」をモットーに、私の人生すべてをコンテンツ化していきます^ ^

人間不信にならないための行動

こんばんは、パリボーズです。

 

今回は人間不信にならない方法を自身の体験で

 

「あーしとけばよかったなぁ」

 

ということを書きたいと思います。

 

大学時代のドトールコーヒーでのバイトの話

 

大学一年の時、ドトールでバイトしてたんですよ。

 

ドトールの仕事は、キャッシャー(レジ)、フード、ドリンク、洗浄(洗い場)とあとはコーヒー豆も売っていたので、それをお客さんに説明することもあったり、ラウンドして、テーブルを拭いたり、倉庫から在庫を取りに行ったりとざっくりそんな感じでした。

 

で、仕事にも慣れてきた頃、私が洗浄で洗い物をしていた時、フロアーにいた専門学生の女の子が

 

「お客さんにコーヒーをぶっかけてしまう事件」

 

がありまして、それがちょうど私が仕事していた洗浄の真ん前で起こったんです。

 

女の子は、どうしていいか分からず、フリーズしてるし、

 

お客さんは「どうしてくれるんだよ!」って顔してるしっていう状況でした。

 

で、瞬時に「この女の子は反応できない」と思った私は、

 

洗浄からフロアーに飛び出し、お客様にふきんを差し出し、

 

「申し訳ございませんでした。お怪我はございませんでしたか?」

 

と言って対応しておりました。

 

そしたら、それを見ていたマネージャーがすっ飛んできて、

 

クリーニング代やらの話をして、解決に至ったのですが、

 

そこからが厄介でして。。

 

多分それが原因で、その子が私のことを好きになってしまったっぽいんですよね。

 

もともと仲が良かったのが、恋心に変化したといいますか。。

 

それからというもの、その女の子から映画やら買い物やら「どっか行こうよ!」とお誘いラッシュ…。

 

正直、そんなに興味がなかったので、顔は可愛かったのですが、ややぽちゃでして、そこが私としてダメでして。。

 

2人で遊びに行くこともあったのですが、

 

でも、「好きにはならないなぁ」という思いでした。

 

ここで、登場したのが、俺ともそのこ子とも仲がいいフリーターの男性スタッフ。

 

で、ある時、「あの女の子のことどう思ってるの?」ってきかれたので、

 

この人になら話していいかなぁと思い、

 

「まー爆弾女だね」って言ったんですよね。

 

それから何日かして、バイトに入るとその子がいたので普通に挨拶すると、そっけない態度。

 

「?」と思ったけど、まーいいかと仕事してましたが、なんか気になる…

 

で、その仲介の男に「最近、あの女の子の態度がなんかおかしいんだよね」

 

と会話してると、「ごめん、言っちゃった」と。。

 

「まじすか?!」

 

ですよ。。

 

それからは女性陣全体から嫌われ者になり、ドトールでのバイトが不可能というかストレスや居心地感の悪さから、辞めざるを得なくなったのはいうまでもないですよね。。

 

まとめ

 

大人になってやっとわかったのですが、

 

黙っておいた方がいいことってあるんですよね。。

 

今でも、隠し事はたくさんしてます笑笑

 

もちろん墓場まで持っていきます。

 

みなさまも安易に人を信用して

 

うっかり話してしまうと、とんでもないことになりますので、

 

発言は慎重にした方がいいと思います。

 

今日はこの辺で。

 

おしまい。