ぱりぱりー@オフィシャルブログ

はあちゅうさんの「人生全部コンテンツ」をモットーに、私の人生すべてをコンテンツ化していきます^ ^

【大谷翔平選手】第6号ホームラン!その魅力とは?

こんにちは、パリボーズです。

 

大谷翔平選手の活躍が止まりませんね。

 

5/18に6発目のホームランをぶちかました。

 

youtu.be

 

大谷選手について、うまくまとめられている記事↓がありましたご紹介しておきます。

 

大谷翔平は努力家なのか? | 東京オリンピック会議室~表と裏の情報まとめサイト

 

最近は(いつもか笑)くらいニュースばかりですが、

 

そんな中、大谷選手の活躍のニュースは日本国民を励ましているのでないでしょうか。

 

以下、ツイッターでの大谷選手への反応です。

 

 

 

 

さて、

 

大谷選手の魅力ってなんですかね?

やはり、「二刀流」ですよね。

 

投手としても打者として、両方とも成功しています。

 

なぜ二刀流がすごいの?

 

これは、「今までに前例が少ない」ってことだと思います。

 

「少ない?」ってことは、

 

「以前にもいたのか?」

 

ってことなんですが、

 

いたんですよ。

 

一番有名なのは、アメリカの国民的ヒーロー「ベイブルース」ではないでしょうか。

 

1918年は20試合に投げ、13勝7敗・防御率2.22。

 

メジャー唯一、同一年度での10勝かつ10本塁打を記録。

 

かつて、日本人にも何人かいましたが、

 

ひさびさの二刀流の登場で、

 

日本中いや世界中が沸きあがっているわけなんですよね。

 

ノムさんこと野村克也さんも大谷選手を批判

大谷選手が二刀流としてやっていくことに対して、

 

野球評論家は厳しい発言をしていましたね。

 

あのノムさんこと野村克也さんも「プロ野球をなめるな」と言って

 

批判していたくらいですからね。

 

でも、大谷選手が二刀流として成功すると、

 

ノムさんは「発言を撤回させていただきます。すみませんでした。」

 

と、あっさりと謝罪してます。

 

あの頭脳派のノムさんでも「無理だろ」と考えたことを

 

やってのけている大谷選手はやはりすごいですよね。

 

大谷選手の練習量とかってどうなの?それともただの天才?

 

まずは、練習量ですが、

 

そうとうやっていたようです。

 

みんなが食事や飲みに行っても、

 

そこには参加せず、自主練をしていたそうです。

 

で、高校時代に「目標設定シート」を作っていたんですね。

 

f:id:j_summers_j:20180519123846p:plain

 

目標を持つ→それに向かって努力(練習)する→夢がかなう

 

まさに、夢を目標にし、その目標のためにやらなければならないことを実践する

 

で、練習に落とし込む。

 

で、結論なんですが、

 

私の考えは、「天才が努力しまくったので成功して当たり前」

 

という結論にいたしました。

 

なので、それを考えると、

 

私含め凡人の人はもっと努力しないといけないのかもしれないですね。。

 

大谷選手の将来性

 

日本ハムファイターズの栗山監督に言わせると、

 

二刀流では満足できてない様子です。

 

彼に言わせると、

 

大谷選手は「三刀流」になれるかもしれないと。

 

もう一つの刀は「野手」としての才能です。

 

 

 

 

 これからも大谷選手を応援していきたいと思います。

 

おしまい。